CD 音楽 DS455 上等な 中古 CHECK NUMBER 【2021新作】 THA

CD、音楽 ・DS455 【中古】CD▼CHECK THA NUMBER

CD、音楽,【中古】CD▼CHECK,NUMBER,76円,CD・DVD , CD , 邦楽 , ラップ・ヒップホップ,THA,・DS455,obgyngrandblanc.com,/ambient38010.html CD、音楽,【中古】CD▼CHECK,NUMBER,76円,CD・DVD , CD , 邦楽 , ラップ・ヒップホップ,THA,・DS455,obgyngrandblanc.com,/ambient38010.html CD 音楽 DS455 上等な 中古 CHECK NUMBER THA 76円 CD、音楽 ・DS455 【中古】CD▼CHECK THA NUMBER CD・DVD CD 邦楽 ラップ・ヒップホップ CD 音楽 DS455 上等な 中古 CHECK NUMBER THA 76円 CD、音楽 ・DS455 【中古】CD▼CHECK THA NUMBER CD・DVD CD 邦楽 ラップ・ヒップホップ

76円

CD、音楽 ・DS455 【中古】CD▼CHECK THA NUMBER



JAN4560124804558
品 番VFS455
出 演DS455
制作年、時間2009年
製作国日本
メーカー等インディペンデントレーベル
ジャンルCD、音楽/邦楽/ヒップホップ/ラップ
カテゴリーCD
入荷日【2021-07-31】
【あらすじ】
1.[CD]
1.NIGHTOFMADNESS
2.PARTY4HARKfeat.HOKT AK-69 BIGRON
3.CHECKTHANUMBERfeat.ThaDSC[BIGRON RICHEE(GHETTOINC.) KOZ(S.T.M)]
4.TOTHADREAM
5.WASSUP!!~KeepMyMind~
6.THADSCfeat.KOZ(S.T.M)
7.BAYBLUESLOCOSfeat.MACCHO(OZROSAURUS)
8.SUMMERBREEZE
9.真夏のバカンス~TakeItAll~
10.THADSCfeat.RICHEE(GHETTOINC.)
11.THADPGWITTHADSCfeat.DazDillinger
12.INTOYOUfeat.SAY
13.SMOKECONVERSATION‘09
14.PUBB’ZGROOVEVI

CD、音楽 ・DS455 【中古】CD▼CHECK THA NUMBER

Daily New Arrivals 
  • M八七

    5th アルバム『STRAY SHEEP』が2020年間ランキング43冠、200万枚という脅威のセールスを記録し、世界で最もヒットしたアルバム・グローバルチャート IFPI では世界7位にランクイン、国内では芸術選奨や ACC アワードなど作品的にも高い評価を受けた米津玄師の、1年ぶりとなるシングル!表題曲「M 八七」(読み:エム ハチジュウナナ)は、5月13日(金)公開の映画『シン・ウルトラマン』主題歌(企画・脚本:庵野秀明 / 監督:樋口真嗣)。

  • 祝典

    ももクロ、結成14周年の記念日に、3年ぶりとなるNEW ALBUM『祝典』をリリース!すでに発表されている「HAND」(『太田漢方胃腸薬II』タイアップソング)や「BUTTOBI!」『桃太郎電鉄 ~昭和 平成 令和も定番!~』テーマソング)を含め、その他新曲もたっぷりと収録。

  • ROZEN HORIZON

    Roseliaの2022年初となるミニアルバムが5月にリリース!「FIRE BIRD」のアンサーソングとして書き下ろされたリード曲「ROZEN HORIZON」や、Eve提供の「閃光」などRoseliaの勝負の楽曲が軒を連ねている。活動6年目を迎えるRoseliaを象徴するにふさわしい“覚悟”の本作をぜひお聴き逃しなく!

  • dawn of infinity

    新ボーカルを迎え2022年4月より始動した、fripSide(Phase 3)の第一弾シングル「dawn of infinity」

  • REFLECTION

    tofubeats、4年越しで制作した通算5枚目のフルアルバム「REFLECTION」。これまでの活動を経て自身の歌唱作品は勿論、ダンスミュージックからボサノヴァまでが共存しながらも、中村佳穂、Neibiss、Kotetsu Shoichiro、UG Noodleといった多彩なアーティスト達が参加したHIHATT LABELの審美眼が素晴らしいアルバムが完成した。

  • Mr. Morale & The Big Steppers

    ケンドリック・ラマー、『DAMN.』から5年ぶりとなる新作アルバム『Mr. Morale & the Big Steppers』をリリース

    GOOD PRICE!
  • 元カレです Special Edition

    2022年第1弾となる59thシングル。IZ*ONEのメンバーとしても活動する本田仁美がセンターを務めた表題曲は、元カレ目線で断ち切れない想いを歌ったロックダンス・ナンバー。GANMIが振付を手がけたハードな“GANMIダンス”も話題だ。

  • MILAD #2

    角松敏生、オリジナル・アルバム発売に先駆け数曲のプロトタイプを収録した『MILAD #2』先行配信

  • Bring Back

    2014年に結成された5人組ダンス&ヴォーカル・グループによる作品。表題曲はTVアニメ『盾の勇者の成り上がり Season2』のオープニング・テーマ。日本語・英語ヴァージョンのほか、同アニメの旧シーズンのテーマ曲も収録している。

  • Very Good / saru vs H ZETT M

    まらしぃとH ZETT Mのコラボ曲「Very Good」「saru vs H ZETT M」が配信リリース。 「Very Good」はH ZETT Mが作曲を、「saru vs H ZETT M」はまらしぃが作曲を手がけた楽曲。どちらも今回のコラボのために書き下ろされた新曲で、2台のグランドピアノの同時演奏でレコーディングされた。

  • Assort

    Novelbright、Major 2nd Full Album。バンドの“これまで”と“これから”が詰め合わさったタイトル『Assort』の名にふさわしい内容となっている。収録曲は、ダウンロードソフト『ポケモンユナイト』とのタイアップ楽曲「Okey dokey!!」、Novelbright初となるシングルとしてリリースされ、大きな話題となった日本テレビドラマ『真犯人フラグ』主題歌の「seeker」、インディーズ時代を支えた名バラード「ふたつの影」の続編となる切ないラブバラード「ワンルーム」、映画『犬部!』の主題歌「ライフスコール」、テレビ朝日系全国24局ネット“NUMAnimation”枠にて放送のオリジナルTVアニメーション『リーマンズクラブ』のオープニングテーマ「The Warrior」、テレビ朝日系・金曜ナイトドラマ『漂着者』主題歌「優しさの剣」とタイアップ満載の既発曲6曲に2022年の年明けから本格的なレコーディングに入り完成させた新曲7曲の全13曲収録となっている。

    GOOD PRICE!
  • Regallily Live "Lumen"

    リーガルリリー 、初のライブ音源集、Regallily Live “Lumen”。

  • #前に進む唄

    新曲「#前に進む唄」この曲は、4人になった神宿の新体制初リリース楽曲となる。楽曲タイトルの通り、前に進むことを決心した4人の気持ちを歌に乗せ、メンバーの言葉や気持ちが楽曲になった希望に溢れる1曲である。

  • Good For

    土岐隼一1stフルアルバム「Good For」リリース! ファン待望の1stフルアルバム発売! 声優アーティスト・土岐隼一の等身大の魅力をお届けする1枚!

  • ビビっとラブ (Special Edition)

    “チコハニ”の17thシングル。表題曲は、TVアニメ『理系が恋に落ちたので証明してみた。r=1-sinθ』のエンディング・テーマ。まふまふとコラボした話題曲で、“リケ恋”らしい言葉遊びが詰まったキャッチーな楽曲となっている。

  • SHiENA

    西沢幸奏のソロプロジェクト“EXiNA”待望のフルアルバムが遂に完成!TVアニメ『終末のハーレム』のEDテーマ「ENDiNG MiRAGE」やTVアニメ『BLUE REFLECTION RAY/澪』のOPテーマ「DiViNE」などを含む。サウンドプロデューサーにはゲーム『グランツーリズモ』シリーズの音楽も担当するdaiki kashoが全面参加。

  • BREATHING

    事務所からの独立後、初となる音源作品。作詞作曲、編曲、ミックスまで、すべて二人の手により行われた完全自主制作。 タイトルナンバーとなる「BREATHING」を始め、ミニマムな打ち込みサウンドからバンド感のある楽曲まで、多種多様な4曲を新たに書き下ろし。 また、ライブでは度々披露されてきた隠れた人気曲、「日々だった」を待望の音源化。 すべての人の毎日が、少しでも「呼吸」のしやすい日々であるように、という願いを込めて作られた、心に心地の良い風を運んでくれるような作品。

  • フリークエンシー・イン・ブルー

    人類が望んだはずの未来。都市に漂う欲望の残滓に、テクノロジーは人類との”春”を幻視する――。 「未来に取り残されたテクノロジー」をテーマとしたディストピア・ポップス4曲を収めたセルフプロデュースEP。すべての作詞、作曲、編曲をぷにぷに電機が手がけている。限定カセットテープとbandcampのみでしか聞けなかった『恋はホンモノ』をボーナストラックとして収録。カバーアートにはポップアーティストのF*Kaori、デザインはニシノフミナが担当する。

  • POP'N'ROLL

    本作はサウンドプロデューサーに古川貴浩氏と田中明仁氏を迎え、シングルリリースされた“同じくらい痛くなれよ”と表現した恋愛模様が胸を打つ「不揃い」を始め、ayaka.の代名詞となるラブとポップが炸裂したEPとなっている。

  • 瞬間のゴールド

    Vo.ハセガワイッキの感性をまとった言葉を矢継ぎ早に繰り出す

  • Travel

    リハーサル・打ち合わせ一切なしの一発録り長尺セッションを身上とするジャム・バンド、LADBREAKSによる約1年間に及ぶセッション音源をリアレンジ・再録音したファースト・アルバム。 本作「Travel」のコンセプトにもなった「Fruta de Andalucía」に始まり、ファッション・ブランドの広告映像のために書き下ろした楽曲のラーガ・ファンク風リメイク「Ananda」他、ヒップ・ポップへのユーモラスな提案「LAD 2000」や英国音楽への憧憬をミニマルに表した「Steps From North」を収録。 ジャンルレスでボーダーレスなタイトルが並ぶ、30分の音楽旅行。

  • RAW

    キャッチーかつレイヴィーなサウンドが人気で、これまで人気アイドルグループ「私立恵比寿中学」への楽曲提供や、TVアニメ「邪神ちゃんドロップキック」への挿入歌提供、「beatmania IIDX」などのゲームや様々なCMへの楽曲提供などマルチに活動を広げるサウンドくエイター TORIENA (トリエナ)の最新作「RAW (ロウ)」がTREKKIE TRAXより2022年5月13日(金)にリリース。 TREKKIE TRAXからのリリースは8年ぶりとなる本作は、これまでチップチューンやポップなサウンドデザインが特徴だったTORIENAとは一転し、自分自身が本当に表現したかったサウンドを追求したような、自身の生(RAW)の部分をさらけ出した一作となっており、自分自身の脳内に浮かんだ、自分自身の心を動かすサウンドのみを凝縮した、まさに自身の脳内を垂れ流したようなレイヴィーな一作となっている。表題曲「RAW (ロウ)」はこのEPの根幹となる一曲となっており、自身が愛してやまないアシッドベースをメインに使用したレイヴィーな一曲となっている。また前作「TORIENA makes me smile」でも提示されたクラシックを使用したシンフォリックなイントロから始まるエッジーなハードコア楽曲「Supergabber(スーパーガバ」や、昔から親交があり、いつか共作したいと思っていた「Masayoshi Iimori(マサヨシ イイモリ)」をフィーチャリングしたBPM235の超高速ハードコア楽曲「バキバキ feat. Masayoshi Iimori」や、チップチューンを彷彿させるようなエイトビットなサウンドと、TORIENAの感情あふれるメロディーが特徴的な「エモ・テクノ」とも言えるラブソング「愛して」など、自身が制作した7曲に合わせ、TREKKIE TRAXからは最新作「Jom / Kai」でもその独自のサウンドデザインやアートワークが話題を呼んだ「Fellsius (フェルシウス)」が手掛けるポップなサウンドが特徴のRemix「頭蓋Vital (Fellsius Remix) (ズガイ ヴァイタル フェルシウス リミックス)」や、同レーベルを主宰する「Seimei (セイメイ)」が原曲のアシッドベースからインスパイアされ、より多くのDJがプレイできるように制作したアシッドハウスのRemix「頭蓋Vital (Seimei Remix) (ズガイ ヴァイタル セイメイ リミックス)」の2曲も収録されている。 また自身がVR空間で使用している自作したアバター「LiLENA (リルエナ)」を中心のそえたアシッドグラフィックス感あるアートワークはTORIENAが作成し、全曲のマスタリングはMasayoshi Iimoriが担当した。

  • Zee PACK vol.1

    京都出身のラッパー、Young zettonの新作アルバム Zee PACK vol.1 彼の盟友でも知られる bigsos ジャパニーズマゲニーズから同じく地元京都出身のラッパー、孫GONGを客演に迎えた楽曲「Guilty」ではHookからVerseへと急にdrill展開される音楽スタイルをHomunculu$と共に見せつけている。また彼の人生に起きたネガティブな実体験がそのまま頭に思い浮かぶようなリアルなリリック構成で質の高い作品となっている。 同じく地元京都出身のラッパー、B1SKETを客演に迎えた楽曲「Good Shit」では彼のラッパー人生の根源となるようなものが映し出されている作品。 だ。Young zettonになる前の彼を少し知れた気がして嬉しい。 また共にライブスキルを磨き合っている同士で東京出身のラッパー、018 福岡からは、Freekoyaboiii & Yvngboi Pと言ったFreshなメンバーを客演に迎えた新作アルバム【Zee PACK vol.1】。これまでの彼とは違う印象を味わえるのではないだろうか。 TrapYoung zettonの新たな一面を体感せよ。

  • Origin

    "全身全霊ではしゃぎ倒す"をコンセプトとした、アイドルグループ"SOMOSOMO"待望の3rd アルバム!4人体制になり、再スタートしたメンバーの想いのこもった楽曲を収録。リード曲の「アドベンチャー!」は明るくポジティブなメロディに前向きでいつも挑戦し続けるぞ!と想いを込めた歌詞が合わさって、これからのSOMOSOMOにピッタリな楽曲となっている。

  • Swim

    Asiloが新曲「Swim」を配信リリース。 現在のJ-POP~JAZZシーンにおいて注目される若手実力派ミュージシャンが結集したJAM・POPバンド、LAGHEADS(ラグヘッズ)がアレンジャーとして参加しており、これからの夏を感じさせるレトロポップな1曲に仕上がっている。また1986年に久保田利伸がリリースした「Missing」のカバーも収録。

  • fragments

    Salvaged Tapes 2022 年のコレクションテーマは「雨を待つ庭」。 人々の個性や潜在的な可能性がどのように成長し実を結んでゆくのか、 その過程を体験する作品としてryo sugimotoの作品を迎えました。 作品の制作には Native Insturumentus 社の Kontakt 用アコースティックピアノ音源「Noire」のみを使用しています。 各楽曲は楽譜として記載されていますが、そこには通常の演奏指示のみならず、 プラグインの各種パラメータ設定、時間的変化が指定されています。 再現芸術としてのクラシックの解釈を拡大し、 一見無個性にも思える電子機器の設定とプラグインの使用タイミングまでをも 指定した時、演奏者の個性はどこに宿るのかを提示する試みです。 レコーディングは演奏ホールで行われました。 音が発生した際の聴感を再現するため、ホールの響きを取り入れて録音しています。 それぞれの演奏者が演奏し再現する際には、 演奏される場所による再現性のゆらぎもユニークになりうるかもしれません。 作品のスコアはレーベルサイトよりダウンロードいただけます。

  • またね | seek, ultra [THE BED ROOM TAPE Reprise]

    活動再開した「THE BED ROOM TAPE」、Kan Sanoとの「またね」、環ROY & Le Makeupとの「seek, ultra」に本人によるリミックスを収録。

  • Inner Down

    MIGMA SHELTER、ミミミユ&タマネのソロ音源が配信にて同時リリース!

  • チークタイムは踊らない

    懐かしさと新しさの同居するグッドミュージックを作り出すロックバンド「大聖堂」の2022年第1弾音源となる2曲入りシングル『チークタイムは踊らない』。 A面の「チークタイムは踊らない」は、「チークタイム」(ディスコやダンスパーティーなどで、スローテンポの曲がかかって男女がチークダンスを踊る時間)のロマンティックかつ、スロウでメロウなイメージを大聖堂なりの音楽で咀嚼した一曲。長尺のベースソロ・ギターソロがあり、のんびりと淡々に音楽が続く一曲だが、「踊れない男がずっとフロアをウロウロしている」という歌詞のコンセプトを体現した一曲となっている。 「裸でLP」は軽快なギターロックサウンドが響く一曲。大聖堂ではあまりない、ラウドな音楽性を楽しんでいただきたい。

  • えんど・おぶ・ざ・わーるど

    020年11月新ベースあさかが加入、コロナ禍において、疾走し続ける4人組ガールズバンド東京初期衝動!! 2018年春にボーカルギターのしーなちゃんを中心に銀杏BOYZ好きが集まって結成。2019年11月には、自主レーベル「チェリーヴァージン・レコード」より1st アルバム「SWEET 17 MONSTERS」を発表。そのリアルな初期衝動感で一躍注目を浴びる。 日テレ系音楽番組【バズリズム02】恒例の新春企画「これがバズるぞ2021」の第10位ランクイン!! マツコの知らない世界のガールズバンド特集では、海外でも活躍が期待されるガールズバンドとして紹介される。これまでに、BAYCAMP、RUSHBALL、メリーロック、ビバラロック(中止)など大型フェスへの参加を果たす。2年に及ぶコロナ禍において、メンバー脱退や、ライブパフォーマンス封印など、今までの価値観や生活様式が変わってしまったこの世界に向き合いながら、パンク、ガレージからJPOPまで飲み込んだ、東京初期衝動の新ロックアンセムが完成。愛と絶望に満ち溢れた日常への希望が詰めこまれた作品であり。収録曲は、テレビ朝日「空気階段の空気観察」1月度エンディングソング「空気少女」をはじめ、初の曽我部恵一との共作曲「銀河」、代表曲「BAKAちんぽ」など全16曲を収録される。

  • どういうこと?

    MIGMA SHELTER、ミミミユ&タマネのソロ音源が配信にて同時リリース!

  • KiD

    2022年に入り『Tennis in the house』、『24k』の2作品を立て続けにリリースし、唯一無二のアーティスト性で注目されているLil Soft Tennis。 本楽曲は5/4にリリースした24kを始め、これまでのLil Soft Tennisの楽曲とは少し違ったコンセプチュアルな作品になっている。 「ばらまくbill」にはLil Soft Tennisの所属するコレクティブ、HEAVENが過去にリリースした”Pick up fast”での共演もあるラッパーのJUMADIBAが参加しており、楽曲のプロデュースはaryyによるもの。 壮大なサウンドの広がりを感じさせる「KiD」にはSSW/トラックメイカーのrowbaiが参加している。 アートワークの提供はtaiki higashida、デザインをLil Soft Tennis自身が行った。 今回もミックスマスタリングは全てLil Soft Tennisが手掛けており、常にアップデートしている音像にも注目してほしい。 Lil Soft Tennisは本作について自身のSNSで「​​キッドってのは、今、そのままの感情でいること、そのままの大きさでいること、つまり何があっても、それがいいってこと、そこにずっとあることもそうだし、それを捨てたり変えたりすることもそう、外のくうきに触れて、考える”はめ”になって、何かをするということ、体を痛めること、ギャルの対義語」とコメントしている。

Updated weekly 
  • Idea

    田我流、リラクゼーションドリンク「CHILL OUT」による「CHILL OUT MUSICプロジェクト」と ミューラル(壁画)プロジェクト「MURAL ONE LINE」のコラボレーション・プロジェクトに参加したアーティスト達の作品にインスパイアされた新曲"Idea"をリリース

  • Colorful

    avex発の新たなダンスミュージックブランド〈FUTUREmode〉、第6弾楽曲。

  • Ideals

    1st full album『On This Planet』からの先行配信曲。

  • THE IDOLM@STER SHINY COLORS PANOR@MA WING 01

    シャイニーカラーズ新全体曲!いつの時代でも輝けるよう願いを込めて、25人のアイドルが歌唱する新全体曲!22年もシャイニーカラーズが皆さんに輝きをお届けします!

  • COLORFUL

    CreativeDrugStore所属のプロデューサー/DJのdooooが様々なラッパー・シンガーを迎えたセカンド・アルバム『COLORFUL』を配信リリース

  • 痙攣

    FUJI、新曲「痙攣」を配信リリース

  • Sweetest Revolution

    グローバル・スタンダードを目指すガールズ・グループ、CIRGO GRINCOがデビュー曲「Sweetest Revolution」を配信リリース

  • RAW

    キャッチーかつレイヴィーなサウンドが人気で、これまで人気アイドルグループ「私立恵比寿中学」への楽曲提供や、TVアニメ「邪神ちゃんドロップキック」への挿入歌提供、「beatmania IIDX」などのゲームや様々なCMへの楽曲提供などマルチに活動を広げるサウンドくエイター TORIENA (トリエナ)の最新作「RAW (ロウ)」がTREKKIE TRAXより2022年5月13日(金)にリリース。 TREKKIE TRAXからのリリースは8年ぶりとなる本作は、これまでチップチューンやポップなサウンドデザインが特徴だったTORIENAとは一転し、自分自身が本当に表現したかったサウンドを追求したような、自身の生(RAW)の部分をさらけ出した一作となっており、自分自身の脳内に浮かんだ、自分自身の心を動かすサウンドのみを凝縮した、まさに自身の脳内を垂れ流したようなレイヴィーな一作となっている。表題曲「RAW (ロウ)」はこのEPの根幹となる一曲となっており、自身が愛してやまないアシッドベースをメインに使用したレイヴィーな一曲となっている。また前作「TORIENA makes me smile」でも提示されたクラシックを使用したシンフォリックなイントロから始まるエッジーなハードコア楽曲「Supergabber(スーパーガバ」や、昔から親交があり、いつか共作したいと思っていた「Masayoshi Iimori(マサヨシ イイモリ)」をフィーチャリングしたBPM235の超高速ハードコア楽曲「バキバキ feat. Masayoshi Iimori」や、チップチューンを彷彿させるようなエイトビットなサウンドと、TORIENAの感情あふれるメロディーが特徴的な「エモ・テクノ」とも言えるラブソング「愛して」など、自身が制作した7曲に合わせ、TREKKIE TRAXからは最新作「Jom / Kai」でもその独自のサウンドデザインやアートワークが話題を呼んだ「Fellsius (フェルシウス)」が手掛けるポップなサウンドが特徴のRemix「頭蓋Vital (Fellsius Remix) (ズガイ ヴァイタル フェルシウス リミックス)」や、同レーベルを主宰する「Seimei (セイメイ)」が原曲のアシッドベースからインスパイアされ、より多くのDJがプレイできるように制作したアシッドハウスのRemix「頭蓋Vital (Seimei Remix) (ズガイ ヴァイタル セイメイ リミックス)」の2曲も収録されている。 また自身がVR空間で使用している自作したアバター「LiLENA (リルエナ)」を中心のそえたアシッドグラフィックス感あるアートワークはTORIENAが作成し、全曲のマスタリングはMasayoshi Iimoriが担当した。

  • Mr. Morale & The Big Steppers

    ケンドリック・ラマー、『DAMN.』から5年ぶりとなる新作アルバム『Mr. Morale & the Big Steppers』をリリース

    GOOD PRICE!
  • フランボワーズ・パルフェのために

    RAY

    現行シューゲイズ/ドリーム・ポップシーンを牽引する"For Tracy Hydeと"異文化融合"と"圧倒的ソロ性"をコンセプトに活動する女性アイドルグループ"RAY"によるスペシャル・コラボ7インチよりRAYヴァージョンを先行配信!

View More 
View More 

Best Sellings

View More 

Top Artists

View More 
  • Very Good / saru vs H ZETT M

    まらしぃとH ZETT Mのコラボ曲「Very Good」「saru vs H ZETT M」が配信リリース。 「Very Good」はH ZETT Mが作曲を、「saru vs H ZETT M」はまらしぃが作曲を手がけた楽曲。どちらも今回のコラボのために書き下ろされた新曲で、2台のグランドピアノの同時演奏でレコーディングされた。

  • 朝露の首飾り

    嵐「WISH」「台風ジェネレーション」、ももいろクローバーZ「行く春来る春」、SMAP、KinKi Kids、Sexy Zone、King & Prince他多数、作詞家としてもヒットメーカーの久保田洋司がリーダーを務めるバンドのデビュー35周年を記念して制作した8枚目のオリジナルアルバム。30周年イヤーリリースの、ファンへの感謝の気持ちを込めたシングル「 Thank you girl Thank you boy」や、2017年にデジタルシングルとしてリリースした「桃の花の下で」他、全15曲収録。アルバムタイトル『朝露の首飾り』は、万葉集に由来。牡鹿は、萩の花を自分の「妻」だと思っていて、その可憐な花に朝露がかかると彼は、その粒を首飾りにして「妻」にプレゼント。非常にロマンチックで、おおらかで、情緒豊かな歌が、万葉集には多くあります。1400年前の、現存する日本最古の歌集、その心を、少しでも受け継けついでいられたらという気持ちです。朝露の一粒一粒が、今、15粒の歌になり、首飾りができました。どうぞ、受け取ってください。

  • サプライザー

    新体制となったゆるめるモ!がリリースする、4枚目のフルアルバム。楽曲制作陣には、玉屋2060%(Wienners)、ハヤシヒロユキ(POLYSICS)、オータケハヤト(元ROCK'A'TRENCH)、DOTAMA、ハシダカズマ、小林愛、M87、安原兵衛らが参加。ニューウェーブを軸にゴスペル、ピアノロック、EDM、エレクトロ、スカ、パンク、ヒップホップ、渋谷系、マッドチェスター、テクノ、盆踊り等々、多彩なジャンルを内包したやりたい放題なサウンドの楽曲を展開。たくさんのワンダーが詰まった音楽と尖った意志で、退屈な世界を爆破裂させるアメージングなアルバムの出来上がり!

  • ENDWALKER: FINAL FANTASY XIV Original Soundtrack

    『FFXIV: 暁月のフィナーレ』のサントラが登場! 希望の輝きを託されし光の戦士たちよ、迫りくる世界の終末に立ち向かえ。 暁月の旋律が物語の終焉(フィナーレ)へと誘う――― 『ファイナルファンタジーXIV: 暁月のフィナーレ』のサントラが登場!主題歌「Endwalker」を含む、『暁月のフィナーレ』のゲーム内楽曲62曲に加え、EXTRA TRACKには、「Endwalker」をチップチューンアレンジした「Endwalker (Chiptune Version)」を新たに制作し収録。

  • 免疫力UP444Hz DNA修復528Hz 癒しのソルフェジオ周波数BGMの可能性

    コロナウイルスが壊滅することを祈って作曲しました。皆様に一日も早い健康と幸せを祈っています。 2020年4月現在、コロナウイルスの猛威は世界中にひろがり、人類の生き残りをかけた戦いが続いています。ワクチン開発は猛然と行われていますが、リリースまで時間がかかります。そんな中で、何か力はないかと考えたところ、ソルフェジオ周波数の作用も何かしら役に立つ可能性を秘めている事に辿り着きました。 フランスの作曲家ファヴィアン・ママンと生物学者エレーヌ・グリマルとの共同研究によるものでが、音の振動数を400~480ヘルツに高くすると、驚いたことに、人体細胞には悪影響はなく、ガン細胞はその音に耐えきれず膨らんで崩壊してしまった。体内のがん細胞は、この周波数を直接20分以上当てられていると、ほとんど死滅してしまったという研究があります。444Hzそれは一つの可能性を秘めています。 当楽曲にはソルフェジオ周波数の次の効果を期待する周波数を含んでいます。 ・174Hz・・・苦痛の軽減 ・396Hz・・・罪・トラウマ・恐怖からの解放 ・444Hz・・・がん細胞を死滅させる、抗ウイルスへの期待 ・528Hz・・・理想への変換、奇跡、DNAの回復

TOP